渡辺明二冠の将棋タイトル戦成績まとめ!2分で読めるシリーズ7/8

Pocket

タイトル獲得22期を誇る渡辺明二冠は、これまでどんな将棋タイトル戦の成績を残されたのか、シリーズでまとめました。今回のトピックは「二冠復帰」です。







渡辺明二冠の将棋タイトル戦成績まとめ7回目

第64期王将戦(2015年)

3度目の王将戦の相手は、郷田真隆九段でした。

第64期王将戦

第5局まで白星が先行する流れでしたが、最後の2局を連敗してしまい、タイトルは棋王のみとなってしまいました。

第28期竜王戦(2015年)

かつてのホームグランドだった竜王戦の舞台へ2年ぶりに戻ってきました。

迎え撃つのは、前年森内俊之竜王から初タイトルを獲得した糸谷哲郎竜王でした。

第28期竜王戦

初戦を落としたので「厳しい流れか?」と思われましたが、その後は一気の4連勝で奪取に成功!

再び二冠へ復帰しました。

第41期棋王戦(2016年)

4度目の棋王戦に臨んだ渡辺明棋王へ挑戦権を手にしたのは、プライベートでも親交の深い佐藤天彦八段でした。

第41期棋王戦

強敵の挑戦者でしたが、3勝1敗で挑戦を退けて、4連覇を達成しました。

【関連記事】

渡辺明二冠の将棋タイトル戦成績は?シリーズその8







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。