佐藤天彦名人の将棋タイトル戦成績は?2分で読めるまとめ記事

Pocket

将棋名人戦で、豊島将之二冠を挑戦者に迎えて4連覇を目指す佐藤天彦名人。これまでの将棋タイトル戦の成績はどんな感じか、まとめました。








佐藤天彦名人の将棋タイトル戦成績まとめ

第63期王座戦(2015年)

初めてのタイトル戦の相手は、ながーい19連覇が途絶えた後に再び3連覇中だった羽生善治王座でした。

第63期王座戦

先にリーチをかけたのは挑戦者の佐藤天彦八段でしたが、そこからの粘り腰で最後は羽生善治王座が防衛を果たしました。

第41期棋王戦(2016年)

2度目のタイトル戦は、プライベートでの親交も深い渡辺明棋王が相手でした。

渡辺明棋王は前期までの3期で1度しか負けていないという圧倒的なスコアで、棋王戦3連覇を果たしていました。

第41期棋王戦

五番勝負は、第3局から渡辺明棋王がに連勝して防衛を決めました。

2度目のタイトル挑戦も失敗に終わったものの、その後A級順位戦での優勝(名人戦挑戦)を決めて、名人戦3連覇への道を歩み始めます。

失意どころか、きっちり糧にしているところが凄いです。




将棋名人戦の成績

現時点までの佐藤天彦名人のキャリアハイライトは、やはり「将棋名人戦3連覇」です。

そこで、佐藤天彦名人のこれまでの将棋名人戦のあゆみを、以下の記事で振り返りました。

【関連記事】

佐藤天彦名人の将棋名人戦成績まとめ







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。