羽生善治竜王vs豊島将之八段の速報! 将棋名人戦プレーオフ第4局の結果は?

Pocket

6人による対戦で注目されている将棋名人戦プレーオフの第4局は、今日の10時から行われます。対局は羽生善治竜王vs豊島将之八段で、ファンとしては結果が気になるところです。そこで当記事では、第4局の進行に応じて速報いたします。

※速報は当記事の下の方に書いており、随時更新していきます(最新更新:19日AM7:00、羽生竜王勝利、第5局の開催日付記)。

将棋名人戦プレーオフ

プレーオフに進出したのは誰?

プレーオフに進出したのは、以下の6名の将棋トッププロでした。

  • 稲葉陽八段(リーグ順位1位)
  • 羽生善治竜王(リーグ順位2位)
  • 広瀬章人八段(リーグ順位4位)
  • 佐藤康光九段(リーグ順位8位)
  • 久保利明王将(リーグ順位9位)
  • 豊島将之八段(リーグ順位10位)

成績上位が6名なので、順位下位の久保王将と豊島八段から対局していき、勝者が順に上の順位の人と対局をしていくという仕組みです。

関連記事:将棋名人戦の挑戦者は誰? 6人のプレーオフの仕組みと結果の予想は?

第3局までの結果は?

王将戦七番勝負に続く、久保利明王将vs豊島将之八段のカードで第1局が始まりました。

結果は既報の通り、豊島将之八段の勝利で、第2局への進出を決めました。

勝ち上がった豊島将之八段と佐藤康光九段の間で行われた第2局は、出だしから「角交換型振り飛車」と呼ばれる、佐藤康光九段が得意とする戦法で始まりました。

関連記事:将棋名人戦プレーオフ第2局【結果速報!】 佐藤康光と豊島将之の対戦はどうなった?

序盤早々にお互いの大駒「角行」を交換し合うという緊迫感満点の対局は、豊島将之八段が勝利しました。

第1局から2連勝で勝ち上がった豊島将之八段を第3局で迎え撃つのは、過去に将棋タイトル王位の獲得経験もある広瀬章人八段でした。

関連記事:将棋名人戦6人プレーオフ第3局の速報!(広瀬章人八段vs豊島将之八段)挑戦者は誰?

この対局も、お互いの大駒「角行」を交換し合う戦法の一つ「角換わり腰掛け銀」が採用されましたが、最後は勝ちを読みきった豊島八段が広瀬八段の王様を打ち取り、第4局へ進出を決めました。

第4局の対戦カード(羽生善治竜王vs豊島将之八段)

見どころは?

順位が一番下だった豊島将之八段が第4局まで勝ち上がってきて、羽生竜王との対戦が実現しました。

大きな注目点としては、やはり「4連勝なるか?」でしょう。

なお、見どころは下記の関連記事でまとめていますので、参考にして下さい。

関連記事:羽生善治竜王vs豊島将之八段の将棋名人戦プレーオフは18日! 第4局はどうなる・見どころは?

羽生善治竜王(対局者紹介1)

名人獲得9期&名人戦出場16回を誇る、他の現役将棋プロの追随を許さない第一人者です。

名人を通算5期獲得した将棋プロにだけ与えられる「永世名人」の資格保持者で、引退後には「十九世名人」を名乗ることが許されています。

2年前の名人戦で挑戦者の佐藤天彦八段(現名人)に敗れて以来の、名人戦出場を目指します。

過去には名人戦プレーオフの出場経験もあり、1勝1敗です。

関連記事:羽生善治竜王の今年度の成績は? 将棋名人戦プレーオフ第4局は今日!

豊島将之八段(対局者紹介2)

いま最も忙しい将棋プロの一人でしょう。

挑戦は成功しませんでしたが、王将戦七番勝負で久保利明王将へ挑戦したのをはじめ、将棋名人戦プレーオフも、出場棋士6人のうち条件が最も過酷(5連勝しないと挑戦できない)な中、3連勝で第4局まで勝ち上がっています。

そのほかにも、王位戦の挑戦者決定リーグ戦や竜王戦ランキング戦1組、日本シリーズ(決勝進出・準優勝)など、たくさんの対局をこなされています。

そろそろ「タイトル獲得」というお気持ちもあるでしょうが、その点を聞かれたインタビューでは、自分を戒める意図もあるのか、以下のように発言されています。

あまり焦りすぎないようにして、これからも頑張りたいと思います。

出典:王将戦中継ブログ

将棋名人戦プレーオフ第4局の速報

対局は午前10時スタート

注目の第4局は、午前10時から東京将棋会館で行われます。

速報(午前9時時点)

まだ対局は始まっておらず、先手・後手を決める「振り駒」で、どちらが先手になるかが決まります。

将棋トッププロの間では、先手がやや有利と言われているなか、第3局までは豊島八段が先手を引き続けていますが、どっちが先手番を引くのか注目です。

速報(午前10時10分時点)

第4局も、豊島八段の先手になりました。

戦型は、羽生善治竜王が幼少の頃から好きな戦法だった、「横歩取り」と言われる戦法へ進んでいます。

この戦型は、お互いの大駒が飛び交う激しい将棋になりがちで、見ている方もハラハラドキドキします。

速報(午後13時20分時点)

王様を中央に構えた羽生竜王に対して、豊島八段はやや古風な左側に王様を構えます。

右端の筋を詰めて戦端の足がかりにしたい豊島八段に対し、羽生竜王は豊島八段の王様と同じ筋へ歩兵を伸ばし、圧力をかけにいきます。

すると豊島八段は右端の筋から攻撃を開始し、戦端が開かれました。

速報(午後16時時点)

羽生竜王は、豊島八段の端からの攻めを受けようと、王様を移動させますが、豊島八段は構わず桂馬を動員して攻めかかります。

豊島八段が羽生陣深くに打ち込んだ大駒「角行」が、働くかどうかが注目されています。

羽生竜王も角行で豊島八段の飛車へ攻撃を仕掛けたので、この後どう展開するのか悩ましい状況です。

速報(17時20分時点)

豊島八段は、羽生竜王の角行と自分の飛車の交換を強要し、実現しました。

一方羽生竜王は、豊島陣の左へ歩兵を派遣し、守りの悪形とされている「壁銀」を作ろうとしています。

速報(20時時点)

羽生竜王は、豊島陣へ2つの歩兵を派遣し、と金(裏返ると金将と同じ役目を果たす)づくりを目論見ます。

それに対して豊島八段も中央に角行を据えながら、攻防一体の構えを見せ、一気の攻勢をチラつかせます。

豊島八段は、歩兵の侵入を角行で防ぎながら、反攻の機会を伺っています。

速報(21時時点)

羽生竜王は、攻撃のターゲットになっていた自陣左端の香車を一旦は逃げます。

それに対し豊島八段は、羽生陣の弱点の一つである左の桂馬の頭へ狙いを定めます。

羽生竜王は、なけなしの歩兵を豊島陣へ送り込み、と金づくりを狙います。

勝ち筋ありと見たのか、豊島八段は歩兵を無視して、前述の桂馬の頭へ攻勢を仕掛けます。

速報(22時20分時点)

羽生竜王・豊島八段のどちらが読み勝っているのか?

控室でもつかみかねていますが、お互いに相手の攻撃を一切受けずに、相手陣へ切り込んでいきます。

羽生竜王は2枚のと金を作り、豊島八段の王様へ守備の銀将を剥がしながら、ひたひたと忍び寄っていきます。

豊島八段は残り少ない考慮時間を割いて、大駒の馬(角行が敵陣へ侵入するとパワーアップする)を羽生竜王の金将と駒損交換を挑みました。

羽生竜王は、読み筋とばかりに交換を挑んできた馬を取ることはせずに、王様を安全地帯へ逃走させます。

果たして、ここから豊島八段は、羽生竜王の王様を捕獲することができるのか?

速報(羽生竜王勝利)

控室からは羽生竜王が有利の声が出始めているようです。

豊島八段は一気に攻勢をかけますが、羽生竜王の王様はギリギリ助かっていたようで、攻めが続きません。

防御を放置して攻勢をかけたため、受ける手立てもなく、22時59分に豊島八段は負けを認めました。

将棋名人戦プレーオフ最終戦へ進んだのは、羽生竜王でした。

速報(19日AM7時)

将棋名人戦プレーオフ最終局(第5局)は、以下の2名の対戦となりました。

  • 稲葉陽八段(リーグ順位1位)
  • 羽生善治竜王(リーグ順位2位)

稲葉陽八段が勝てば、2年連続の挑戦となり、羽生竜王が勝てば2年ぶりの名人戦で、通算10期目の名人位を目指します。

A級順位戦では、稲葉八段が勝利していますが、プレーオフでは果たしてどちらが挑戦者の座を射止めるのか?

【関連記事】

羽生善治竜王vs稲葉陽八段の将棋名人戦プレーオフは21日! 第5局はどうなる・挑戦者は誰・見どころは?

【関連記事】

羽生善治竜王vs稲葉陽八段の速報・戦型予想! 将棋名人戦プレーオフ第5局で挑戦者は誰?

将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。