里見香奈が叡王戦で男性プロ棋士と対戦!対局相手は井出隼平四段!

Pocket

将棋のプロ編入試験を受けるには、男性プロ棋士と公式戦で対局して一定の成績を収める必要があります。里見香奈さんは叡王戦にも出場が決まっていたのですが、対局相手が井出隼平四段になりました。

里見香奈とプロ編入試験

里見香奈さんが目指していた将棋プロ棋士の夢は、三段リーグの年齢制限によって一旦は終止符が打たれました。

しかし、それで将棋プロ棋士への夢が完全に断たれたわけではなく、「プロ編入試験」の道があります。

プロ編入試験については、以下の関連記事で里見さん本人は否定的なコメントを残されています。

奨励会を年齢制限で退会し、今後が注目されていた里見香奈さんのインタビューが公開されました。女性初の将棋プロ棋士の可能性として残っていた「編入試験」は目指さず、普及・女流に専念する意向です。今回は、里見香奈さんの今後にフォーカスを当てました。

ただ、今後も続くであろう男性プロ棋士との対局で、好成績を収めれば考えが変わるかもしれません。

男性プロ棋士との対戦

初戦は池永四段に敗北

里見香奈さんは、今後は女流棋士としての立場で将棋のキャリアを続けられていきます。

女流棋士自体は、将棋プロ棋士とは別枠の制度なのですが、成績がいい女流棋士には将棋プロ棋士の公式戦にも出場資格が与えられています。

里見香奈さんは、女流棋士の世界ではぶっちぎりの第一人者なので、これから多くの公式戦への参加枠が与えられると思います。

女流棋士専念後の初対局は、加古川青流戦でしたが、残念ながら負けてしまいました。

奨励会退会後、女流棋士としての活動を本格化させた里見香奈さん。ファンとしてはプロ編入試験の可能性など、今後のスケジュールが気になるところです。プロ編入試験の受験要件に「公式戦の成績(男性プロ棋士)」があるので、18年5月14日に行われた公式戦の結果を速報します。

叡王戦の対局相手は井出隼平四段

高見泰地六段の叡王獲得で幕を下ろした叡王戦ですが、第4期の叡王戦の詳細が18年6月9日に公表されました。

里見香奈さんにも出場枠があたえられていて、段位別予選の「四段戦」へ出場することになりました。

注目の対局相手は井出隼平四段です。

井出四段は、2016年4月に将棋プロ(四段)にデビューされた方で、里見香奈さんと三段リーグの在籍期間がかぶっています。

プロデビュー後の通算成績は、ほぼ5割です。

対局日程は、判明次第追記したいと思います。

将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。