女流王位戦第3局の速報!里見香奈vs渡部愛はどうなった?

Pocket

1勝1敗で迎えた女流王位戦の第3局が、18年5月30日午前9時から始まります。里見香奈vs渡部愛で勝負の行方はどうなったのかを、今日も速報します。

里見香奈

女流将棋界の不動の第一人者で、現在も6つあるタイトル戦のうち5つを併せ持つ五冠王です。

18年3月までは奨励会にも在籍し、最高で三段まで到達していました。

得意な戦法は振り飛車で、直近5局も全て振り飛車戦法を採用されています。

日付 対局内容 相手 戦法 結果
18年2月4日 女流名人戦五番勝負③ 伊藤沙恵女流二段 相振り飛車 勝ち
18年2月7日 マイナビ女子オープン準決勝 西山朋佳三段 相振り飛車 負け
18年5月9日 女流王位戦五番勝負① 渡部愛女流二段 ゴキゲン中飛車 負け
18年5月14日 加古川青流戦 池永天志四段 相振り飛車 負け
18年5月22日 女流王位戦五番勝負② 渡部愛女流二段 向かい飛車 勝ち

なお、里見香奈さんの全ての記事は、【里見香奈の関連記事一覧】で観ることができます。

渡部愛

女流の将棋界には、団体が2つあります。

1つは「日本将棋連盟」で、「女流棋士」という肩書きで活動している団体です。

もう一つは「日本女子プロ将棋協会」と呼ばれる団体で、LPSAという略号が用いられています。

多数派はもちろん日本将棋連盟なのですが、渡部愛さんはLPSAに所属されています。

LPSA所属の女流棋士からは、久しぶりの女流タイトル戦挑戦者となりました。

女流棋士の多くは振り飛車を好みますが、渡部さんは居飛車が得意戦法です。

里見さんとは逆に、直近5局は全て居飛車を採用されています。

日付 対局内容 相手 戦法 結果
18年3月14日 女流王位戦挑戦者決定戦 清水市代女流六段 相掛かり 勝ち
18年4月29日 花みず木女流オープン準決勝 鈴木環那女流二段 居飛車その他 勝ち
18年4月29日 花みず木女流オープン決勝 中村真梨花女流三段 対振飛車左美濃 負け
18年5月9日 女流王位戦五番勝負① 里見香奈女流五冠 対振飛車左美濃 勝ち
18年5月22日 女流王位戦五番勝負② 里見香奈女流五冠 対振飛車左美濃 負け

女流王位戦

第1局

4連覇を狙う里見香奈女流王位に、LPSA所属の渡部愛女流二段が挑むカードになりました。

振り飛車党の里見香奈女流王位に対し、居飛車党の渡部愛女流二段なので、全局とも振り飛車vs居飛車になることが想定されていましたが、第1局から予想に違わぬ展開になりました。

対局は里見香奈女流王位の勝ちの局面になったのですが、終盤のうっかりで渡部愛女流二段の勝利で、五番勝負の幕が開けました。

第2局

前評判は里見香奈女流王位有利とされていながら、第1局を挑戦者が制したことで、俄然勝負の行方が面白くなりました。

第2局は、渡部愛女流二段がやや優勢で局面を進めたのですが、中央に活路を見出した里見香奈女流王位が、最後は必殺の一手を放って勝利し、五番勝負を振り出しに戻しました。

第3局の速報

速報(午前9時4分時点)

里見香奈女流王位の先手で、対局が始まりました。

早速中央の歩兵を伸ばし、里見さんの得意戦法の一つ「中飛車」になりました。

速報(午前11時49分時点)

中飛車に構えた里見さんは、銀将をどんどん前線へ繰り出していきます。

対する渡部さんは、第2局と同じく左美濃模様に構えます。

里見さんが、さらに陣形整備と攻撃態勢の構築を進めるのに対し、渡部さんは、右の銀将を王将の近くまで持っていき、4枚の駒で防御体制を構築します。

その後里見さんは、左寄りの3列目へ飛車を展開し、石田流という攻撃準備を進めます。

一方の渡部さんは、穴熊を構築して王将を入城させますが、里見さんの石田流の攻撃陣がほぼ完成します。

そのタイミングで、渡部さんが中央から戦いを起こしました。

その後、左翼に移動してきた渡部さんの金将をみて、里見さんは桂馬を跳ねて攻撃を本格化させます。

やや模様のいい里見さんは、弱体化した渡部陣の中央付近へ追撃を仕掛けます。

そうはさせじと、渡部さんも金将を里見さんの飛車へぶつけて、圧力をかけていきます。

そして、右の桂馬も里見さんは跳ねたので、中央付近に左右の桂馬が並ぶ格好になりました。

速報(18時33分時点)

桂馬が跳ねた隙間を狙って、渡部さんは角行で王手をかけます。

里見さんが王手を歩兵で防いだのを待って、渡部さんは桂馬に歩兵で攻撃を仕掛けます。

その後、金将を捨てて角行の睨みを防いでから、渡部さんは桂馬を捕獲します。

手渡した金将が角行へ攻撃してくるのを見て、渡部さんは端攻めを敢行します。

受けるとまずい里見さんは、そのまま角行を捕獲します。

その後、渡部さんのと金が侵入してきたので、自陣の左翼へ王将を逃走させます。

ここで控え室のプロたちは、「渡部さん優勢」という評価を下します。

渡部さんは、手筋を使って優勢を拡大しようとします。

ゆっくりすると、劣勢が敗勢になってしまう里見さんは、と金を渡部陣へ深く侵入させます。

焦らせたい渡部さんは、里見さんの角行へ攻撃を仕掛け、暴発へ誘導します。

渡部さんの誘導に対し里見さんは、根性の粘りを見せます。

渡部さんは、間違えずにじっくり挟撃形を作り上げて行きます。

里見さんは最後まで粘りを見せましたが、間違えずに渡部さんは勝利を収めました。

これで渡部さんの2勝1敗となり、女流王位奪取に王手をかけました。

次の対局は、6月13日に行われます。

将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。