加藤桃子初段の奨励会の結果はどうなった?(18年3月21日)女性プロ棋士の可能性と西山朋佳三段との五番勝負の結果の予想は?

Pocket

初の女性プロ棋士への挑戦を続けている加藤桃子初段の奨励会の対局が、18年3月21日に行われました。西山朋佳三段との五番勝負も近く行われるので、奨励会の結果と女性プロ棋士の可能性・五番勝負の結果の予想をまとめました。

加藤桃子初段

奨励会員としての活動

2006年に6級で奨励会へ入会しました。

その後、2014年には初段への昇段を果たす一方で、2016年に成績不振で1級に降級となってしまいました。

1級→初段の年齢制限があるので動向が注目されていましたが、2017年に初段へ復帰したので、当面の年齢制限は回避しました。

【関連記事】

加藤桃子・中七海の奨励会の結果は?(18年3月上旬) 仕組み・年齢制限と女性棋士の可能性は?

女流将棋界の活動

2011年からは奨励会員の女性が女流の将棋タイトル戦に出場することができるようになったことから、2011年からは女流のタイトル戦(女流王座戦・マイナビ女子オープン)へも出場しています。

マイナビ女子オープンで4度優勝(女王4期)に加え、女流王座も4期獲得しています。

女流将棋界でも、将棋プロの世界と同じように、通算5期〜7期獲得すると永世称号に相当する「クイーン」がもらえます。

加藤桃子初段の場合、女流王座が通算4期であと1期に迫っています。

女王は、「5連覇または通算7期」がクイーン称号の要件とされているのですが、現在4連覇中なので、後述する西山朋佳三段との五番勝負に「クイーン女王」の称号をかけます。

どんな将棋を指すの?

女性は比較的振り飛車を好む傾向があり、女流プロ棋士でも人気なのですが、加藤桃子初段は、飛車を横に振らない居飛車党です。

奨励会の対局で公表されているものは見当たりませんが、女流タイトル戦の棋譜やインタビューを拝見する限り、居飛車を指し続けられています。

奨励会の結果は?(18年3月21日)

現在の成績

直近16戦で9勝7敗ですが、なかなか連勝が続いていない状況です。

初段から二段に昇段するには以下の成績を収めないといけないのですが、連勝しないとかなりの長期間が必要になります。

8連勝、12勝4敗、14勝5敗、16勝6敗、18勝7敗
出典:日本将棋連盟

3月21日の結果は?

対局は2局行われました。

結果は、幸いにも2連勝で、直近の成績は11勝7敗(3連勝)になりました。

昇段まではまだ少し遠いですが、昇段までに必要な成績は以下の通りです。

昇段規定 必要な成績
8連勝 残り5連勝
12勝4敗 残り5連勝
14勝5敗 残り7勝1敗
16勝6敗 残り9勝2敗

なお、18年5月6日に行われた奨励会の速報は、以下の関連記事でまとめています。

女流の将棋プロタイトル戦に出場しながら、奨励会での活動を続ける加藤桃子初段。18年の5月6日に行われた対局はどうなったのでしょうか? 今日は直近の奨励会の成績とタイトル戦の結果の速報をお知らせします。

女性プロ棋士の可能性

当面は三段リーグへの参加を目指す

加藤桃子さんは現在23歳で初段なので、一刻も早い三段への昇段が当面の目標になります。

藤井聡太六段のように三段リーグを1期で駆け抜けたツワモノも何名かいらっしゃるのですが、かなりレアケースなので、三段をクリアするにはそれなりの時間がかかるからです。

二段へ上がることも簡単ではありませんが、是非とも現在の勝ち星(3連勝)をいかしたいところです。

【関連記事】

加藤桃子の奨励会の結果はどうなった? 西山朋佳・中七海の実績と比較!

なお、女性棋士への挑戦でリードしている西山朋佳三段の情報は、以下の関連記事でまとめています。

【関連記事】

西山朋佳が女性棋士になるのはいつ? 三段リーグの結果は?

年齢制限は26歳

初段以上の年齢制限は、「26歳の誕生日に開催中の三段リーグ終了まで」になります。

加藤桃子さんの場合は、2021年の後期三段リーグ(2020年10月〜2021年3月)がリミットなので、遅くとも2020年の9月までには三段へ昇段しておきたいところです。

西山朋佳三段との五番勝負の結果を予想!

西山朋佳三段との女流タイトル戦が実現!

西山朋佳三段は女流のタイトル戦にはあまり出場しないのですが、マイナビ女子オープン・女流王座戦には出場されています。

【関連記事:西山朋佳三段18年4月最新情報】

西山朋佳の三段リーグの成績は? 将棋新人王戦・マイナビ女子オープンはどうなった?

マイナビ女子オープンは、前期の優勝者(女王)と本戦トーナメントを勝ち抜いた人(挑戦者)が五番勝負を戦います。

注目の本戦トーナメントでは、準決勝で里見香奈女流五冠(元奨励会三段)に勝った西山朋佳奨励会三段が、決勝も勝利し、加藤桃子女王(奨励会初段)への挑戦を決めました。

【関連記事】

女性将棋プロで一番強い・最強は誰? 女流タイトル戦と奨励会の実績で比較!

結果や戦型を予想!

加藤桃子女王は居飛車党ですが、一方の西山朋佳三段は、相手が居飛車でも振り飛車でも振り飛車を選びます。

典型的な振り飛車党です。

五番勝負は、ほぼ間違いなく振り飛車vs居飛車の戦型になるでしょう。

西山さんがどの振り飛車戦法を選ぶかですが、比較的中飛車戦法を選択されることが多いので、全局中飛車(西山)vs居飛車(加藤)になると予想します。

どちらが勝つにしても、3勝2敗の白熱した五番勝負を期待・予想します!

将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。