里見香奈の今後は? 女性初の将棋プロ棋士は目指さず普及・女流に専念!

Pocket

奨励会を年齢制限で退会し、今後が注目されていた里見香奈さんのインタビューが公開されました。女性初の将棋プロ棋士の可能性として残っていた「編入試験」は目指さず、普及・女流に専念する意向です。今回は、里見香奈さんの今後にフォーカスを当てました。

里見香奈

将棋プロ棋士になるには?

将棋の世界では、将棋プロになるには「奨励会」という組織に入って昇段していって「四段」になれば、将棋プロとしてデビューすることができます。

奨励会は、原則6級から三段までの人たちが所属していて、一番上の三段になると、「三段リーグ」で半年間戦います。

三段リーグは半年間、年に2回行われるのですが、そのリーグで原則上位2名に入れば四段へ昇段(=将棋プロ)になれます。

【関連記事】

【三段リーグ】プロ棋士四段の仕組みや年齢制限は?藤井聡太の成績と里見香奈の挑戦は?

奨励会三段まで到達

里見香奈さんは、将棋のキャリアを女流将棋プロの世界でスタートさせました。

その後女流将棋プロのタイトルをいくつも獲得し、三冠王になるなど活躍を続けられていましたが、幼い頃からの夢を諦めきれず、将棋プロ棋士の道への挑戦(=奨励会へ入会)を始められました。

子どもの頃ライバルだった男の子はみんな奨励会に入った。自分も挑戦したい

出典:朝日新聞

アマチュアの場合は、アマチュア四段以上の実力をつけた方が奨励会6級からスタートするのが一般的ですが、里見香奈さんの場合は、女流プロとしてすでに活躍されていたので、1級を受験することにしました。

入会試験も無事に突破され、1級で入会します。

それまで女性で「初段」になった方はいなかったのですが、入会から約8ヶ月後の2012年2月に、女性として初めて初段への昇段を果たします。

約1年半後の2013年7月には、同じく女性として初めての二段に昇段し、そして約半年後の2013年12月には、ついに奨励会最高峰の「三段」へ昇段を果たします。

年齢制限による退会

奨励会には「年齢制限」があって、所定の年齢までに昇段しなければ退会しなければいけません。

三段の場合は、「満26歳になった時点で進行中の三段リーグ終了まで」が年齢制限ですが、三段リーグは年に2回しか開催されないので、年齢制限までそんなに猶予はありません。

里見香奈さんは21歳の時に三段になったのですが、そこで体調を崩され、貴重な1年半(=三段リーグ3回分)の休場を余儀なくされてしまいます。

復帰後、5回の三段リーグに挑戦しましたが、残念ながら四段昇段はならず、2018年3月の三段リーグ終了をもって、退会となりました。

たらればの話は禁物ですが、「3回の休場がなければどうなっていたのだろう?」と思わずにはいられませんが、何よりもご本人が一番悔しい思いをされたことは、想像にかたくありません。

女性初の将棋プロ棋士は?

プロ編入試験がある

将棋プロになるには、三段リーグを突破する以外にも方法があります。

「プロ編入試験」と呼ばれる方法なのですが、受験資格(将棋プロの公式戦でプロ相手に10勝&勝率.650以上)も、試験そのもの(直近に四段になった5人を相手に勝ち越し)も簡単なものではありません。

【関連記事】

里見香奈三段が奨励会退会で今後は? プロ公式戦とプロ編入試験で女性棋士へ!

里見香奈さんが、女性初の将棋プロへの強い気持ちを持ってチャレンジされていることは誰もが知っていたので、奨励会退会後の里見香奈さんの動向が注目されていました。

他に誰がいる?

当ブログでも何度か特集させて頂いていますが、把握できる範囲内で現在、以下の3名が将棋プロへの挑戦を続けられています。

  • 西山朋佳三段
  • 加藤桃子初段
  • 中七海1級

【関連記事】

女性将棋プロで一番強い・最強は誰? 女流タイトル戦と奨励会の実績で比較!

特に西山朋佳さんは、里見香奈さんと同じ三段まで到達し、将棋プロまで後一歩のところまできています。

次の三段リーグは18年4月から始まるので、非常に注目です!

【関連記事:西山朋佳三段】

西山朋佳が女性棋士になるのはいつ? 三段リーグの結果は?

【関連記事:加藤桃子初段】

加藤桃子初段の奨励会の結果はどうなった?(18年3月21日)女性プロ棋士の可能性と西山朋佳三段との五番勝負の結果の予想は?

【関連記事:中七海1級】

中七海1級の奨励会の結果はどうなった?(18年3月17日)女性プロ棋士・女流プロ棋士の可能性は?

今後は普及・女流に専念

これまでご意向は明らかにされていなかったのですが、つい先日行われた里見香奈さんへのインタビューで、「プロ編入試験は目指さない」「普及に専念」という意向を明らかにされました。

  • 三段リーグにいる間も、退会した今も(編入試験について)考えたことはありません
  • 普及活動やイベントへの参加など、今は将棋界に貢献したい気持ちが強いです。

出典:スポーツ報知

ご本人の気持ちはご本人にしかわからないので、ファンとしては察するより方法がないのですが、以下のコメントにヒントが隠されているのではないでしょうか?

新しい目標を見つけて、違うことに挑戦して人間として成長したいです

出典:スポーツ報知

新しい目標に向かって挑戦される里見香奈さんを、今後も見守っていきたいと思います。

奨励会退会後、女流棋士としての活動を本格化させた里見香奈さん。ファンとしてはプロ編入試験の可能性など、今後のスケジュールが気になるところです。プロ編入試験の受験要件に「公式戦の成績(男性プロ棋士)」があるので、18年5月14日に行われた公式戦の結果を速報します。

将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。