藤井聡太に影響はどれくらいあるの?将棋順位戦の改正を詳しく解説!

Pocket

名人戦挑戦者を決めるリーグ戦あり、将棋プロ棋士の格を決めるリーグ戦でもある「将棋順位戦」が、2020年度からルール改正されます。藤井聡太七段にどんな影響があるのか、将棋順位戦の改正を詳しく解説しました。







将棋順位戦のルールが改正された!

2020年度から

将棋界の1年は、4月1日からはじまって翌年の3月31日に終わります。

そして、将棋界の公式戦・タイトル戦は、「将棋順位戦」を中心に回っていて、現在は2019年度 (第78期)が進行中です。

今回発表された改正は、翌年の2020年度(第79期)から新制度になります。

改正の内容は?

詳しくは以下のツイートでまとめていますが、これまでよりも(勝ちさえすれば)上のクラスへ上がりやすくなった印象です。

これまでは、大所帯のC級1組とかB級2組でたった2人しか昇級できなかったのが、今度からは3人になったのです。

例年、順位戦の最終盤は盛り上がりますが、これまでよりも競った展開が長く続くことになりそうで、より盛り上がると思います。

逆の方の大きな改正の目玉は、B級1組からB級2組への降級枠が1つ増えたことです。

これは、ひそかに大きな改正だったと思います。

B級1組は強豪棋士がひしめくリーグですが、そこから落ちてくる人が一人増えるのです。

これまでは注目がA級に偏りがちでしたが、B級1組の降級レースも今後はより注目される可能性が高いでしょう。

藤井聡太への影響はどれくらいあるの?

現在はC級1組に所属していて、リーグ順位も3位につけています。

対戦相手も船江恒平六段を除いて目立った方はいないので、おそらく今期はB級2組へ昇級を決めるでしょう。

となると、新制度になるときに藤井聡太七段はB級2組に所属していることになります。

今期に関していうと、B級2組には25名の棋士が所属していて、その中で上位2位に入らないといけないのです。

藤井聡太七段が加わる2020年度からはそれが3名に増えるのですから、今回の改正は

「A級・名人まで駆け上がる道が広くなった」

と評価していいのではないでしょうか?

【次の記事】

藤井聡太の叡王戦の段位別予選と注目の対戦カードは?シード棋士は誰?







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。