藤井聡太がタイトル竜王戦挑戦なるか?対局結果の速報と今後の予定!

Pocket

18年6月5日に、竜王戦ランキング5組決勝が行われました。注目の藤井聡太七段の対局結果はどうなったのか? タイトル竜王戦の挑戦者になれるでしょうか?対局結果の速報と今後の予定をまとめました。

竜王戦の挑戦者になるには?

ランキング戦と決勝トーナメントがある

竜王戦は、ランキング戦・決勝トーナメントという2つのトーナメントを戦って、挑戦者を決めます。

まずランキング戦は、これまでの実績や段位などをもとに所属するランキングが決まります。

ランキングは、1組から6組まであり、藤井聡太七段は5組に所属していて、ランキング5組トーナメントの、決勝へ進出しています。

決勝トーナメントへ進出するには?

所属するランキングによって、進出できる要件は異なるのですが、要は各ランキング戦で上位・優勝すれば、決勝トーナメントへ進出することができます。

将棋タイトルは、凄そうなイメージはありますが、具体的にはイメージが掴みにくい印象があります。今回は、タイトルの種類の一覧から、賞金・格序列・日程スケジュール・ 歴代将棋タイトル獲得数ランキングをまとめました。

藤井聡太七段が所属している5組の場合は、ランキング戦のトーナメントで優勝する必要があります。

つまり藤井聡太七段は、決勝トーナメント進出へ王手をかけている状態で、6月5日の対局に臨んでいたのです。

対局結果の速報

対戦相手は石田直裕五段で、角換わりという藤井聡太七段が得意とする戦型になりました。

藤井陣の左端にうまく手をつけた石田五段が攻勢に出ますが、石田陣の王将近くで戦いを起こした藤井七段が局面を有利に進めます。

終盤は、控え室の将棋プロ棋士が誰も気づかないような、驚きの攻め方であっというまに石田五段の王将を討ち取りました。

藤井聡太七段の指し方を見て、「そんな手があるのか!」という某タイトルホルダーのコメントが、将棋プロ棋士たちの心情をよく表現しています。

これもひとえに、修行時代から取り組んできた詰将棋が大きく貢献していることは、言うまでもありません。

藤井聡太六段が史上最年少で優勝してから注目されている「詰将棋選手権」。将棋プロだけでなく、アマチュアも参加できる大会です。2018年3月25日に開催されていますが、藤井聡太六段の結果はどうだったのでしょうか?他に出場している将棋プロの動向と合わせてお伝えします。

凄さを対局者として体験した石田五段は、以下のコメントを残されています。

タイトル戦と今後の予定

竜王戦の決勝トーナメントへ進出

各ランキングの優勝者が全て決まったので、18年6月末から決勝トーナメントが始まります。

藤井七段は5組代表なので、早速初戦から登場します。

初戦の相手は、6組代表の都成竜馬五段です。

都成竜馬五段は、キャリア通算勝率がほぼ7割を誇る強豪将棋プロ棋士の一人です。

羽生竜王へ挑戦するには、ここから5連勝した上で、決勝三番勝負で2勝1敗以上の成績を収める必要があります。

決勝トーナメントは6月末からはじまって、8月中旬には挑戦者が決まります。

藤井聡太の記事は?

藤井聡太七段に関する記事の一覧は、【藤井聡太の関連記事】で見ることができます。

将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。