藤井聡太の竜王戦の挑戦者はどうなった?決勝トーナメント2回戦もリアルタイム速報!

Pocket

竜王戦の挑戦者の行方ははどうなったのか、藤井聡太の最新情報も気になります。そこで今日は、決勝トーナメント2回戦もリアルタイムで速報します。

藤井聡太の竜王戦の挑戦者の行方はどうなった?

竜王戦って?

名人戦と並んで将棋界の最高位とされているタイトル戦で、賞金に関して言えば4,320万円と将棋界最高峰です。

将棋のタイトル戦で最高額を売りにしている竜王戦は、賞金や一部の対局料が公開されています。今回は、仮に竜王を獲得したら、賞金+対局料の総額で、年収はいくらになるのか試算しました。

現在のタイトルホルダーは、羽生善治竜王です。

将棋タイトルは、凄そうなイメージはありますが、具体的にはイメージが掴みにくい印象があります。今回は、タイトルの種類の一覧から、賞金・格序列・日程スケジュール・ 歴代将棋タイトル獲得数ランキングをまとめました。

挑戦者を決める仕組み

竜王戦では、これまでの実績や段位に応じて1組から6組までのいずれかのトーナメントへ所属します。

これをランキング戦といい、藤井聡太七段は5組に所属しています。

ランキング戦を勝ち抜くと、決勝トーナメントへ進出し、そこをさらに勝ち抜けば、羽生善治竜王への挑戦者になることができます。

1回戦はどんな感じだった?

強敵の都成竜馬五段と対戦しましたが、中盤に優位に立ってからはきっちり勝利を収めました。

藤井聡太七段が、タイトル挑戦者の可能性を残しているのは3つで、「竜王戦」がその1つです。挑戦者を決める決勝トーナメントが18年6月25日に開幕しますが、相手は都成竜馬五段。1回戦の模様をリアルタイムで速報します。

現時点の決勝トーナメントの状況は、以下のとおりです。

竜王戦決勝トーナメント最新版

出典:日本将棋連盟

このように發王戦は、ランキングが上位ほどたくさんの出場権が与えられていることがわかります。

決勝トーナメント2回戦リアルタイム速報

速報(13時45分時点)

先手は増田康宏六段に決まり、対局が始まりました。

戦型は、このところ藤井聡太七段がたびたび採用している角換わりではなく、古くから人気の戦法の「矢倉」になりました。

ただ、藤井聡太七段が序盤早々に増田六段の陣形整備にちょっかいを出したことで、中央で早速戦闘が始まりました。

速報(18時20分時点)

藤井聡太七段が角行を下段へ引いたのをきっかけに、藤井陣の左翼でも戦闘が始まりました。

歩兵を増田六段が藤井陣へ送り込んだ手に対し、どのように藤井聡太七段が対応するかが注目です。

速報(20時25分時点)

増田六段は、桂馬を前線へ送り込み、藤井陣へ圧力をかけていきます。

藤井聡太七段は、前線で威張っている増田六段の角行へ攻撃を仕掛け、退却させます。

増田六段は、自陣へ飛車がなり込んでくるのを承知の上で、藤井聡太七段の右の桂馬へ攻撃を仕掛けます。

その手は、自分に利ありと見た藤井聡太七段は、飛車を敵陣へなり込んで、王手をかけます。

その後増田六段は、角行をタダで捨てて、藤井聡太七段の王将付近へ猛攻を仕掛けます。

お互いにノーガードの攻撃になっており、どちらが深く・先まで正確に読んでいるのかが、勝負の分かれ目になりそうな雰囲気です。

速報(21時30分時点)

増田六段の猛攻が続き、瞬く間に藤井聡太七段の防御陣が崩れていきます。

その過程で、増田六段の王手竜取りが決まり、もはやこれまでかと思われましたが、将棋はわかりません。

竜を取った手を境に、局面が混沌としていきました。

速報(21時55分)

決めきれない増田六段に対し、藤井聡太七段は必死に上部へ王将を脱出させ、逆転の手を狙います。

自分から一気に王将を仕留める手がない藤井聡太七段は、相手の王将の逃げ道になりそうなところへ金将を配置し、増田六段に手を渡します。

この「手を渡す」という戦術は非常に難易度の高い技術で、相手に決め手がないことを見越さないとできない手段です。

なぜなら、みすみす相手に手を指させるからで、決め手があったら自ら首を差し出したのと同じになってしまいます。

桂馬で藤井聡太七段の王将を縛りにかかる増田六段に対し、藤井聡太七段は桂馬で防御を図ります。

下段へ逃げにくい藤井聡太七段の王将をさらに縛るために、金将を配した増田六段に対し、藤井聡太七段は、自らの王将の逃げ道をふさいでいる、桂馬を剥がしにかかります。

速報(22時21分時点)

猛攻を仕掛ける増田六段に対し、必死に王将を逃す藤井聡太七段ですが、最後は増田六段が藤井聡太七段の王将を仕留めました。

これで、増田康宏六段が勝利し、決勝トーナメント3回戦への進出を決めました。

藤井聡太七段の竜王戦挑戦は、2019年以降へ持ち越しとなりました。

将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。