加藤桃子の年収は?賞金と対局料でいくらか試算!

Pocket

6つの女流タイトルを、里見香奈女流五冠と分け合っている加藤桃子さん。年収はいったいいくらなのでしょうか? 賞金と対局料を使って試算してみました。







賞金と対局料

賞金は非公開のタイトル戦が多い

女流タイトル戦は全部で6つあるのですが、マイナビ女子オープンと女流王座戦を除いて公開されていません。

両タイトルの賞金は、共に500万円です。

また、マイナビ女子オープンについては準優勝の賞金と、勝ち星料が設定されています。

準優勝の賞金は150万円で、勝ち星料については、トーナメントを勝ち進むにつれて上がっていきます。

例えば、2018年に挑戦者になった西山朋佳三段の場合は、以下のようになっています。

  • 1回戦:10万円
  • 2回戦:20万円
  • 準決勝:30万円
  • 決勝:45万円

つまり挑戦者になれば、五番勝負の勝ち負けにかかわらず105万円を受け取ることができるのです。

対局料は非公開

賞金は一部公開されていますが、対局料については完全非公開です。




加藤桃子さんの年収は?

女流タイトル戦は、賞金の公開も限定的で、対局料は公開されていないため、試算するよりありません。

そこで、以下の記事で計算した金額を元に、賞金・対局料を試算してみました。

女流棋士の里見香奈さんは女流将棋界の第一人者で、女流タイトル戦も女流名人戦をはじめ、たくさん出場されています。気になる里見香奈さんの年収・収入を、賞金と対局料を使って試算してみました。

賞金の試算は?

6つの女流タイトルのうち、加藤桃子さんが手にしているのは「女王」です。

マイナビ女子オープン(女王)は賞金が公表されているので、賞金は実績金額で500万円です。

対局料の試算は?

奨励会員として女流タイトル戦に参加

加藤桃子さんは女流棋士ではなく、奨励会員としての立場で女流タイトル戦へ出場しています。

加えて、出場している女流タイトル戦も、マイナビ女子オープンと女流王座戦に限定しています。

奨励会員に対局料が出るのかは判然としないのですが、対局料が出るとすれば、合計は84万円になります。

計算根拠は以下の通りです。




マイナビ女子オープン

タイトルホルダー(女王)なので、予選や本戦には出場しません。

タイトルホルダーなので、「女流五段」と同額が支払われると仮定します。

2017年度の五番勝負は3局で決着したので、21万円(7万円×3局)になります。

女流王座戦

前年度に挑戦者になっていたこともあり、本戦からの出場です。

前年度も挑戦者になっているため、女流五段と同じ対局料と仮定します。

本戦では4連勝して挑戦者になり、里見香奈女流王座との五番勝負では第5局まで決着がもつれ込みました。

よって女流王座戦では9局対局しているので、63万円(=7万円×9局)になります。

年収は?

賞金が500万円で対局料が84万円なので、年収は584万円と試算されました。







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。