羽生善治と谷川浩司の将棋タイトル戦の対戦成績まとめ!第5回

Pocket

現役棋士で最多の22回も将棋タイトル戦の舞台で戦った羽生善治九段と谷川浩司九段。今回も、「羽生vs谷川」の将棋タイトル戦の対戦成績をまとめて振り返ります。







羽生善治と谷川浩司の将棋タイトル戦まとめ第5回

第46期王座戦 (1998年)

名人位防衛に失敗した後、失地回復を目指して羽生善治王座へ挑戦しました。

第46期王座戦

出だし2連勝で一気に王手をかけましたが、その後は逆襲にあってしまい、奪取はなりませんでした。

第40期王位戦 (1999年)

過去に3連覇したこともある王位戦へ、挑戦者として名乗りをあげました。

第40期王位戦

フルセットまでのシリーズが期待されましたが、羽生善治王位の4連勝で防衛となりました。

第71期棋聖戦 (2000年)

今度は立場がかわって、谷川浩司九段が持つタイトル「棋聖」へ羽生善治四冠が挑戦しました。

第71期棋聖戦

期待に違わずフルセットのシリーズとなり、最後は羽生善治挑戦者の勝利で「五冠」へ復帰を果たしました。

第41期王位戦 (2000年)

谷川浩司九段が、前年度に続いて挑戦者として名乗りをあげました。

第41期王位戦

前年のシリーズと違って、第7局までもつれ込む熱戦となりました。

白星と黒星が完全に交互に並んだシリーズで、最後は羽生善治王位が防衛を果たしました。

【次の記事 5月5日公開予定】

羽生善治と谷川浩司の将棋タイトル戦の対戦成績まとめ!その6







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。