【里見香奈】奨励会三段リーグの結果と成績は?プロ棋士なるか予想する!

Pocket

女流将棋界の第一人者の里見香奈さんが、奨励会で最後の三段リーグに挑んでいます。三段リーグは半年に一度で、3月には昇段者が決まります。そこで今回は里見さんの三段リーグでの結果・成績、そして予想にスポットを当てました。

里見香奈さんは、2004年に若干12歳で女流棋士になりました。

それだけでも凄いことなのですが、彼女が幼少期に切磋琢磨してきた同年代の男性達が奨励会へ挑戦・プロ棋士(四段)になっていく中で、いつしか彼女にも「プロ棋士になりたい」という気持ちが芽生えてきたそうです。

そこで里見さんは一念発起し、プロ棋士の要請機関「奨励会」への受験を決めます。

最終的に試験に無事に合格し、「1級」で入会しました。

里見香奈さんの三段リーグ

苦労はあったでしょうが、その後も順調に昇段を重ね、2014年12月、ついにプロ棋士(四段)の一歩手前の三段リーグへ到達します。

ところがそんな里見さんに、体調不良という不運が襲います。

三段リーグは年に2回しか開催されないのに、3回の三段リーグを休場することになったのです。

三段リーグには年齢制限という厳しい壁がある中、1年半を棒に振るのは苦渋の決断だったでしょう。

三段リーグは、年に2回でそれぞれ2名ずつ、合計4名しかプロ棋士になれない中、執筆日時点で36名もの「三段」が在籍しています。

里見香奈の三段リーグの成績

やはり三段リーグはとても厳しい世界です。里見さんが復帰してからのリーグ戦の成績が大変さを物語っています。

里見さんの成績 昇段ボーダー
58回 5勝13敗 12勝6敗
59回 7勝11敗 12勝6敗
60回 8勝10敗 12勝6敗
61回 7勝11敗 12勝6敗
62回(現在) 7勝5敗

ですが、今日時点で勝ち越しており星の差2集団につけています。

最終局まで残り6局で、最終日は3月4日です。

里見香奈の三段リーグの結果

1月開催まで消化し、残り6局を残している中で勝ち越しており、トップ集団に「星2つ差」で追走しています。

例年、昇段争いは熾烈を極めており、最終日まで何が起こるかわからない世界です。

まだ十分昇段の可能性があると言ってもいいでしょう。

里見香奈さんがプロ棋士なるか予想する!

先日の女流名人戦の開幕直前のインタビューでも、以下のコメントを残されており、プレッシャーに負けている雰囲気はありません。。

三段リーグも含めて自分にはもっとできるはずだという思いもあります

出典:スポーツ報知

残り6局の対戦相手・順位・今期の成績は以下の通りです。なお、里見さんのリーグ順位は23位です。

成績が同じならリーグ順位が上の方が昇段するので、順位も非常に重要です。

対戦者名 順位 今期の成績
13局 貫島 35位 7勝5敗
14局 服部 30位 9勝3敗(トップ集団)
15局 藤田 7位 6勝6敗
16局 富田 2位 8勝4敗
17局 本田 15位 2勝8敗
18局 関屋 3位 7勝5敗

ご覧の通り、ほぼ全員が星の差1,2個でひしめきあっています。

軽はずみな予想は禁物ですが、四段昇段の夢が叶う可能性もあるし、負け越してしまって退会の可能性もある状況です。

但し、「勝ち越せば、三段リーグに在籍継続できる」という制度はあります。

視野に入れているはずはありませんが、残り2ヶ月弱に大注目です。

将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。