藤井聡太七段と対戦の近藤誠也六段の成績や実績まとめ【保存版】

Pocket

竜王戦決勝トーナメントの2回戦の対戦相手が、藤井聡太七段に決まりました。そこで今回は、近藤誠也六段の成績や実績を「保存版」としてまとめました。







近藤誠也六段の成績や実績まとめ

近藤誠也六段の成績

通算成績は132勝51敗で、100局以上を消化されているプロ棋士の中では3位にランクインしています。

強豪中の強豪若手棋士といっていいでしょう。

近藤誠也六段の実績

優勝のご経験はありませんが、2018年にYAMADA杯で準優勝を果たされています。

このほかにも8大タイトル戦で相次いでリーグ入り・決勝トーナメント入りを果たされているので、あとは「いつ突き抜けるか?」という段階まで達しています。

  • 2016年度:王将戦挑戦者決定リーグ進出
  • 2018年度:王位戦挑戦者決定リーグ進出
  • 2019年度:王座戦挑戦者決定トーナメント進出
  • 2019年度:竜王戦決勝トーナメント進出

トッププロ棋士との対戦成績

やや分がよくないとはいえ、十分検討している成績です。

特に豊島将之名人に1勝、永瀬拓矢叡王と5分の成績を残しているのは、高い実力の何よりの証明でしょう。

•豊島将之名人:1勝0敗
•渡辺明二冠 :0勝2敗
•永瀬拓矢叡王:1勝1敗
•羽生善治九段:1勝2敗
•谷川浩司九段:0勝1敗

藤井聡太七段との対戦成績

藤井聡太七段から見て、3勝1敗です。

対戦記録は以下のとおりです。

日付 公式戦名称 戦法 結果
2017/5/25 竜王戦 相掛かり 藤井勝利
2018/8/31 新人王戦 角換わり 藤井勝利
2019/2/5 順位戦 角換わり 近藤勝利
2019/2/19 銀河戦 角換わり 藤井勝利

やはり若手トップ同士の対局とあって、角換わりが多いですね。

竜王戦決勝トーナメントでも、角換わりの可能性が大です。

近藤誠也六段の将棋は?

雁木・角換わり・相掛かりを主に採用されています。

勝率でいうと、振り飛車退治を非常に得意にされているので、振り飛車党にとっては強敵です。

【関連記事】

藤井聡太とライバルの若手プロ棋士の実績を比較した!【総まとめ】







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。