藤井聡太の未来予想に豊島将之名人の成績を分析した!【保存版】

Pocket

驚異的な勝率で快進撃を続ける藤井聡太七段の未来・将来は、どうなるのでしょうか?そんな予想のために、ほぼ同じ年に奨励会入りした豊島将之名人(三冠)の成績を分析しました。







藤井聡太七段の未来予想に豊島将之名人の成績を分析!

年齢情報

藤井聡太七段が1期で三段リーグを駆け抜けたため「プロデビューの年齢」には差が出ていますが、三段昇段まではほぼ同じペースで進んでいます。

いかに豊島将之名人が、デビュー前から注目されていたかがわかります。

藤井聡太豊島将之

通算勝率

トッププロ棋士になると、必然的にトッププロ棋士同士の対戦が増えていきます。

そんな中で勝ちまくるのは非常に難しいので、若手の頃と比べて通算勝率がやや低下するのが一般的な傾向です。

そんな中で羽生善治九段と豊島将之三冠は、今も通算勝率7割前後の記録を残していて、あらためてお二人の偉大さがよくわかります。

棋士勝率ランキング

豊島将之名人の年度別勝率の推移

デビュー初年度から現在に至るまでの、「年度別勝率」と「その年の顕著な実績」をグラフにしてみました。

豊島将之年度別勝率

横軸の小数は、勝率のことを意味しています。

13年目は現在進行中でまだ負けていないので勝率が10割になっています。

このグラフを見ると、駆け出し当初からタイトル戦への挑戦を果たしているなど、期待に違わぬ活躍をしていることがよくわかります。

ただ、タイトル獲得が12年目までずれ込んだのは、将棋界最大の謎かもしれませんね。

藤井聡太七段の成績を重ねると?

次に、上のグラフに藤井聡太七段の推移を重ねてみました。

赤線が藤井聡太七段で、水色線が豊島将之名人です。

藤井聡太七段は年度の途中(16年10月1日)にデビューしているので、上記の「1年目」は「17年4月1日〜18年3月31日」で集計しています。

デビュー当初から顕著な実績を収め続けている豊島将之名人を、さらに上回る成績を残していることがよくわかります。

豊島将之と藤井聡太の年度別の勝率推移

藤井聡太七段の未来・将来を予想

豊島将之名人の成績の分析を参考にすると、藤井聡太七段が2019年度に何らかのタイトルを取っても、何ら不思議ではありませんし、可能性の方が高いでしょう。

むしろ、「複数冠はいつ?」「最年少記録更新は?」の方がファンの関心が高いです。

当面は、竜王戦と王将戦の動向に注目することになりますね。

【関連記事】

藤井聡太の将棋タイトル獲得史上最年少記録への挑戦【完全保存版】







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。