藤井聡太の王座戦決勝トーナメント対戦相手は誰で対戦成績は?

Pocket

藤井聡太七段が、タイトル挑戦まで最も近づいている将棋タイトル戦は「王座戦」です。今回は、王座戦の決勝トーナメントにフォーカスし、勝ち進んだら対戦相手は誰なのか、対戦成績はどうなっているのかをまとめました。







藤井聡太の王座戦決勝トーナメント対戦相手

1回戦:佐々木大地五段

通算勝率が7割を超えている、若手の強豪プロ棋士の一人です。

王位戦挑戦者決定リーグ在籍や新人王戦での準優勝など、徐々に頭角を現しつつあります。

これまでの対戦成績は1勝1敗の五分なので、どちらが一歩前へ踏み出すのかが注目されます。

2回戦:羽生善治九段

仮に1回戦を突破すると、次の相手は羽生善治九段に決まっています。

言わずと知れた将棋界最大の絶対王者で、対戦は1度だけあります。

その時は朝日杯で藤井聡太七段が勝利して、2連覇に繋げています。

準決勝:豊島将之名人三冠/渡辺明二冠 (予想)

2回戦も勝利した場合ですが、準決勝では豊島将之名人(三冠)か渡辺明二冠が勝ち上がっている可能性があります(※予想です)。

豊島将之名人とは過去に1度だけ対戦があり、その時は藤井聡太七段が黒星を喫しています。

渡辺明二冠とは朝日杯で顔を合わせていて、その時は藤井聡太七段が勝利を飾り、朝日杯2連覇を達成しています。

決勝:永瀬拓矢叡王/菅井竜也七段 (予想)

さらに勝ち進んだ場合、決勝では永瀬拓矢叡王か菅井竜也七段が待ち構えている可能性があります。

ともに通算勝率が.700を超えていてタイトル獲得経験もある、トッププロ棋士です。

永瀬拓矢叡王とは対戦はありませんが、菅井竜也七段とはこれまで2局対戦していて、いずれも黒星を喫しています。

【次の記事】

藤井聡太と将棋トッププロ棋士の対戦成績のまとめ!【永久保存版】







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。