藤井聡太と同い年16歳の羽生善治・谷川浩司・渡辺明と成績を比較!

Pocket

藤井聡太七段は16歳ですが、同い年の頃の歴代王者(羽生善治・谷川浩司・渡辺明)の成績はどんな感じだったのでしょうか?4人の成績を比較しました。







藤井聡太と同い年16歳の頃の成績を比較

藤井聡太

ことし17歳になるので、「16歳の年=2018年度」という前提でまとめてみました。

成績は、プロ2年目で45勝8敗 勝率.849という驚きの成績を、2年続けておさめました。

でも、やっぱり光っているのは「朝日杯の2連覇」です。

なんといっても「全プロ棋士参加の公式戦」ですし、「羽生善治」「渡辺明」に勝っての優勝ですから、余計に価値が高いです。

そのほか、新人王戦でも2連覇を果たしています。

8大タイトル戦に目を移すと、王座戦・竜王戦・叡王戦・棋王戦で「決勝トーナメント・本戦」へ進出しています。

一番勝ち進んだのは王座戦で、準決勝まで進出しています。

惜しくも斎藤慎太郎七段(現王座)に負けてしまいましたが、挑戦者が視界に入りつつあることを物語っています。

羽生善治

プロ2年目で、40勝14敗勝率 .741という成績を残されています。

ただ、公式戦の優勝やタイトル戦出場・獲得という顕著な成績はまだ残されていません。

谷川浩司

プロ2年目で、29勝12敗 勝率.707という成績を残されています。

タイトル戦の出場はありませんが、若手向けの公式戦「若獅子戦」で優勝🏆を果たされています。

渡辺明

プロ1年目で、25勝13敗勝率 .658を残されています。

公式戦優勝やタイトル戦挑戦などの実績は、この時点ではまだ残されていません。

まとめ

実績の差が顕著に出ていて、藤井聡太七段の成績が突出しています。

ただ、羽生善治九段は19歳で竜王を、谷川浩司九段は21歳で名人を、そして渡辺明二冠は20歳で竜王を獲得しています。

つまり、19歳あたりからエンジン全開モードへと切り替わっているということです。

藤井聡太七段が、いつエンジン全開になるのか、興味が尽きませんね。

【次の記事】

藤井聡太と将棋トッププロ棋士の対戦成績のまとめ!【永久保存版】







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。