藤井聡太と羽生善治・大山康晴・中原誠を徹底比較!第2回

Pocket

歴代の絶対王者たち「羽生善治・大山康晴・中原誠」と藤井聡太七段を比較するシリーズでは、藤井聡太と歴代の大名人を様々な角度から比較してみます。第2回は、「勝率8割超えの回数」「タイトル獲得割合」です。







藤井聡太と羽生善治・大山康晴・中原誠を徹底比較 第2回

勝率8割超えの回数

勝率が6割5分を超えるとタイトル戦へ出場する可能性が出てきて、勝率7割に達すると、タイトル戦へ出てくる可能性が高くなります。

つまり、勝率7割というのは「かなり勝っている状態」です。

そんな背景の中で、勝率8割というのは「年中勝ちまくっている状態」といってもいいでしょう。

では、大名人たちと藤井聡太七段の勝率8割越えの回数はどんな感じなのでしょうか?

藤井 羽生 大山 中原
回数 2回 4回 3回 2回
連続記録 2年連続 2年連続 3年連続 2年連続
プロ生活 3年 35年 53年 45年

やはり、時代の絶対王者というのは「年中勝ちまくっている状態」を何度も経験されているんですね。

わけても、羽生善治九段が大山・中原の記録を超えているのが、やはり目に止まります。

キャリアの中で、勝ちまくっている年度の割合が高いことがわかります。

タイトル獲得割合

藤井聡太七段はまだタイトル戦へ出場されていませんが、今後どのような歩みを見せるのかを想像する参考として利用頂ければと思います。

藤井 羽生 大山 中原
割合  ? 72.8% 71.4% 70.3%
獲得数 99期 80期 64期
出場回数 136回 112回 91回

どんなトッププロ棋士でも、キャリアの終盤は成績が下がっていきます。

つまり上記の数値は、「成績が下がった上での割合」であることを念頭に置いて眺める必要があります。

全盛期は7割をはるかに超えていたということです。

でも、タイトル戦に10回出てきたら7回は勝っているって、相手からすると半端ないプレッシャーです。

藤井聡太七段がタイトル戦へ出場する日が、待ち遠しいですね。

【次の記事】

藤井聡太と羽生善治・大山康晴・中原誠を徹底比較!第3回







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。