永瀬拓矢七段の年収はいくら?初心者も賞金と対局料で試算できる!

Pocket

永瀬拓矢七段の年収はいくら?初心者も賞金と対局料で試算できる!19年4月に3度目のタイトル戦へ挑戦する永瀬拓矢七段ですが、年収はいくらでしょうか?賞金と対局料をもとに試算してみました。







永瀬拓矢七段の年収はいくら?

計算の前提

年収

これまでの年収シリーズと同じく、正確な賞金も対局料も公開されていないので、以下の前提に従って試算しました。

藤井聡太七段が新人王戦で優勝しました!将棋プロ棋士の年収・収入が気になりますが、年収はトップクラスの賞金を除き公表されていません。でもファンとしては、サラリーマンに比べて将棋プロ1年目・新人の年収が高いのか知りたいところです。そこで今回は、将棋プロ新人の年収(賞金+対局料)がいくらなのか、段位別の給料とともに試算してみました。




賞金

永瀬拓矢七段は、2018年度に関しては公式戦での優勝はありません。

よって、賞金は0万円です。




対局料

このテーブルに従って、試算しました。

永瀬拓矢七段は、2018年度は45局を消化されています。

B級2組に所属しているので、1局あたり22万円です。

よって対局料は990万円です。




年収

棋士の主な収入源は賞金と対局料なので、両者を合わせて990万円と試算されました。

年収に関する関連記事

年収については、【年収と賞金】の記事にまとめています。







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。