豊島将之二冠の年収はいくら?優勝賞金と対局料で試算した!

Pocket

二冠を獲得し、名人戦の挑戦者となって三冠を狙う豊島将之二冠ですが、年収はいくらでしょうか?賞金と対局料をもとに試算してみました。








豊島将之二冠の年収はいくら?

計算の前提

年収

当ブログで紹介して来た年収は、正確な賞金も対局料も公開されていないため、以下の前提を置いて試算しています。

「将棋のタイトルホルダーの年収はいくらか?」 最近は、将棋が注目を浴びているので、人の財布の話であっても気になります。そこで、公開されている情報を元に、賞金と対局料(給料)を使って試算してみました。




賞金

豊島将之二冠は、2018年度に棋聖と王位を獲得されています。

棋聖は1000万円と言われており、王位は800万円とされています。

よって、賞金は1800万円です。




対局料

対局料は、竜王戦の決勝トーナメントのみ公表されているので、前述のリンクに従って試算しました

豊島将之二冠は、2018年度は55局を消化されています。

段位は八段ですが、対局料が公開されている竜王戦決勝トーナメントを1局消化されているので、その分を除いた対局料は、1局あたり40万円です。

よって対局料は2280万円※です。

※40万円×54局+120万円




年収

棋士の主な収入源は賞金と対局料なので、両者を合わせて4080万円と試算されました。

将棋連盟が公表している2018年(1/1-12/31)の金額は4722万円なので、少し差があります。

差異は、もう少し調査してみますね。

年収に関する関連記事

年収については、【年収と賞金】の記事にまとめています。







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。