【藤井聡太の年収いくらか予想!】対局料と賞金から試算してみた!

Pocket

史上最年少の14歳でデビューしてから、なんと新人王戦で優勝した藤井聡太七段。普通の16歳ならまだお金は稼げませんが、将棋のプロ棋士だと、獲得賞金や対局料(給料)がもらえるので、勝ちさえすれば「年収・収入」もびっくりする金額になります。そこで今日は、藤井聡太七段の年収がいくらなのかを予想してみました。







将棋プロの年収

将棋のプロの主な収入源は、タイトル戦や大会で優勝したらもらえる「賞金」と、対局の都度もらえる「対局料」です。

詳しくは以下のリンクで試算しています。

藤井聡太七段が新人王戦で優勝しました!将棋プロ棋士の年収・収入が気になりますが、年収はトップクラスの賞金を除き公表されていません。でもファンとしては、サラリーマンに比べて将棋プロ1年目・新人の年収が高いのか知りたいところです。そこで今回は、将棋プロ新人の年収(賞金+対局料)がいくらなのか、段位別の給料とともに試算してみました。

そのほかのイベントでも報酬はもらっているでしょうが、いくらかは全く公開されていないので、試算では考慮外にしました。

獲得賞金はいくら?

タイトル戦の賞金

例えば竜王戦の場合、七番勝負に勝って竜王を獲得すると4,320万円もの賞金がもらえます。

名人戦の場合も3,500万円ほどと言われていて、タイトルを獲れば自然と年収は跳ねていきます。

但し、賞金が公開されているタイトル戦は限定されているので、一部予測や伝聞が入るのは否めません。




タイトル戦の格・序列は?

将棋界にはタイトル戦が8つありますが、賞金はもちろん序列・格が違います。

以下の関連記事で、格や序列と賞金を紹介しています。

藤井七段や羽生七冠の活躍で注目を浴びている将棋界ですが、「竜王」「名人」といったタイトルをよく耳にします。以前は将棋の七大タイトルと呼ばれましたが、名前からして凄そうな印象を受けますが、「どのタイトルが一番凄いのか?(現在の序列・ランク・格付け・格)」「誰が一番凄いのか?(タイトルホルダー)」などを、将棋棋士のタイトル一覧(8つ)・賞金とともにランキングとしてまとめました。

また、タイトル戦にいずれ出て来る人たちを、以下で特集しています。

藤井聡太七段の快進撃や羽生善治竜王の永世七冠で、注目されている将棋プロ棋士。強さと凄さの「最強は誰ランキング(将棋誰が一番強い)」はどうなるのでしょうか? 今日は、A級棋士などの強さや勝率ランキングと、九段のすごさをまとめました。

竜王を取ったら?

竜王戦は、賞金や一部の対局料が公表されているタイトル戦です。

竜王を取れたら年収はいくらになるのか、試算してみました。

将棋のタイトル戦で最高額を売りにしている竜王戦は、賞金や一部の対局料が公開されています。今回は、仮に竜王を獲得したら、賞金+対局料の総額で、年収はいくらになるのか試算しました。




名人を取ったら?

将棋界で最も歴史のあるタイトル戦で、現在も竜王と並んで最高位に位置付けられています。

名人になったら賞金・対局料はいくらなのか、試算してみました。

将棋界で最も歴史があり、竜王戦と並んで格式の高いタイトル戦「名人戦」。優勝賞金や対局料はいくらなんでしょうか? 名人はいくらか気になるので、将棋プロ棋士の将棋順位戦の対局料と合わせて、年収がいくらになるか試算してみました。

叡王を取ったら

2017-2018年度から新しくタイトル戦に昇格した、叡王戦。

賞金が高いと言われています。

叡王になったら賞金・対局料がいくらなのか、試算しています。

2018年からタイトル戦に昇格した叡王戦(えいおうせん)。新しいタイトル戦なので、賞金や対局料はいくら?といった疑問が尽きません。今回は、賞金・対局料に加えて、序列や格・スポンサーをまとめました。

王座を取ったら?

藤井聡太六段が、最も近くまで迫っているタイトル戦である「王座戦」。

もし王座を取れれば賞金・対局料はいくらになるのか、試算してみました。

8つある将棋タイトルの一つ「王座戦」は、藤井聡太六段が1年以内にタイトルを取る可能性を残している1つです。そこで、王座戦の優勝賞金と対局料はいくらなのか、藤井聡太六段が取ったら年収がどうなるかを試算しました。




対局料はいくら?

将棋のプロ棋士の対局料は公開されていませんが、竜王戦のランキング戦を勝ち抜いた人たちが戦って竜王戦の挑戦者を決める「竜王戦決勝トーナメント」では、対局料が公開されています。

決勝トーナメントの対局料は、勝ち上がってきたランキングに応じて以下のように決められています。

  • 6組優勝(四段が主に在籍):46万円
  • 5組優勝(五段が主に在籍):52万円
  • 4組優勝(六段が主に在籍):57万円
  • 3組優勝(七段が主に在籍):77万円
  • 2組優勝(八段が主に在籍):103万円
  • 1組優勝(九段が主に在籍):195万円

なお、段位と所属ランキングは必ずしも一致するわけではないので、「主に」と限定をしています。

竜王戦は「将棋界で一番賞金の高いタイトル戦」を売りにしているのと、「ランキング戦を勝ち上がってきた人の対局料」なので、高めに設定されているはずです。

詳しくは以下のサイトで解説していますが、順位戦の所属リーグ別に対局料が設定されているのではないでしょうか?

対局料

出典:将棋ポケット

藤井聡太七段が新人王戦で優勝しました!将棋プロ棋士の年収・収入が気になりますが、年収はトップクラスの賞金を除き公表されていません。でもファンとしては、サラリーマンに比べて将棋プロ1年目・新人の年収が高いのか知りたいところです。そこで今回は、将棋プロ新人の年収(賞金+対局料)がいくらなのか、段位別の給料とともに試算してみました。

B級2組から順位戦のクラスが落ちにくい制度になっているのは、順位戦のクラスが生活に直結しているからという見方をしても不自然ではないでしょう👀

八段になるには?

2019年4月3日の時点で、七段まで昇段しています。

八段になるには、どんな要件を満たせばいいのかまとめています。

史上最年少で七段昇段を決めた、藤井聡太さん。気がはやるファンは、八段・九段になるのはいつか気になります。今回は、八段・九段の要件や、今後のタイトル挑戦の可能性と対局予定をまとめました。




藤井聡太七段の賞金はいくら?

どんなタイトル戦がある?

将棋界には8つのタイトル戦がありますが、賞金や予選の仕組みなど様々です。

詳細は以下の記事でまとめています。

将棋タイトルは、凄そうなイメージはありますが、具体的にはイメージが掴みにくい印象があります。今回は、タイトルの種類の一覧から、賞金・格序列・日程スケジュール・ 歴代将棋タイトル獲得数ランキングをまとめました。

2018年度の賞金は?

藤井聡太七段の今年度の対局のうち、優勝などの実績を残した対局は以下の通りです(つまり賞金が出る対局)。

  • 朝日杯将棋オープン優勝:750万円
  • 新人王戦優勝:200万円
  • 竜王戦5組優勝:155万円
  • 竜王戦決勝トーナメント2勝:98万円

この3つだけでも、合計が1,203万円です。

藤井聡太七段の対局料はいくら?

2018年度の藤井聡太七段は、53局の対局をこなしています。

順位戦は、C級1組に所属しています。

対局料が公開されている竜王戦を別枠で計算すると

51局×18万円を計算すると918万円になります。

藤井聡太7段の年収は?

以上の賞金と対局料を合計すると、2,121万円になります。

一流上場企業の上級役員並みの金額ですが、一方で1年間に14局しか対局できない棋士もいます。

勝った者が報われる勝負の世界ですから、決して不思議ではない金額と言えるでしょう。

このほかにも、イベントの出演料などがあるでしょうが、出演記録が公表されているわけではないですし、対局料や賞金に比べると金額は大きくないでしょう。







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。