詰みの意味は? 詰めろ・必至との違いはどういうもので王将がどういう事になったら勝ち?

Pocket

将棋の入門書を読んだら「詰み」って言葉が出てきます。他にも「詰めろ」「必至」もあルノで、「どういう意味?」と感じられた方はいませんか?今日は、王将がどういう事になったら勝ちなのか、詰み・詰めろ・必至の意味・違いを、図を使ってわかりやすく解説します。

王将がどういう事になったら勝ち?詰みの意味は?

将棋はどうなったら勝ち?

将棋は、相手の王将を、自分の王将よりも早く捕まえたら勝ちです。

実際には相手の王将を取るまで対局はせず、以下の条件を満たしたら「勝ち」です。

  • 「相手の王将がどこへ逃げても、自分の駒で相手の王将を取れる状態」を作る
  • 相手よりも先に作る

つまり、相手の王将を取れればいいので、必ずしも駒をたくさん取らないと勝てない訳ではありません。

そんな背景もあって将棋の世界には、「終盤は、駒の損得より速度」という格言があります。

ちなみに「速度」とは、「相手の王将へどれだけ早く迫っていけるか?」を意味しています。

詰みってどんな感じ?

駒を取れる形は?

先日の記事で、駒の動き方を解説しました。

【関連記事】

将棋の駒の動かし方をわかりやすく教えて! 初心者・子供向け

この関連記事の中で、「自分の駒が動ける範囲に、相手の駒があったら、その駒は取れる」というルールがあると紹介しました。

例えば、以下のような局面だと、この桂馬(けいま)は、自分の動ける範囲に相手の銀将(ぎんしょう)がいるので、この銀将は逃げないでこのままいると、次に取られるわけです。

桂馬で銀将が取れる

王手はどういう意味?

同じく桂馬の場合を考えてみましょう。

上の図と同じように、桂馬の動ける範囲に相手の王将がいますね。

桂馬で王手

この局面も最初の局面と同じく、「王将は逃げないと、次に桂馬で取られちゃう」状態です。

この状態のことを、「王手」と言います。

詰みって?

では、王手がかかっている状態を少し発展させてみましょう。

詰み

今、自分の桂馬(桂馬)で相手の王将へ王手をかけています。

つまり、相手は王将を逃げないと、負けてしまう状態です。

逃げれる候補は、水色のところです。

でも、水色のマスは、自分の駒のいずれかが動ける範囲なので、相手の王将がそこへ侵入して来たら、相手の王将を取れる(=勝ち)になります。

  • 3一のマスへ逃げてくると→歩兵(ふひょう)で取れる
  • 1二のマスへ逃げてくると→香車(きょうしゃ)で取れる
  • 2二のマスへ逃げてくると→銀将(ぎんしょう)で取れる

つまり相手の王将は、「逃げないと次に取られちゃう」のに、「逃げる場所がない」のです。

この状態を「詰み」といい、先にこの状態へ追い込まれると、「負け」になります。

逆にいうと、自分の王将よりも先に相手の王将を「詰み」へ追い込めれば、「勝ち」です。

詰めろってどういうもの?詰みとの違いは?

「詰めろ」は「詰み」とイコールではない

詰めろって?

「詰み」とよく似た言葉に、「詰めろ」という言葉があります。

紛らわしいのですが、「相手が何もしなければ、次に詰みの形を作れる状態」のことを言います。

文章だとわかりにくいので、以下で局面をお見せしますね。

詰めろはどんな局面?

こんな局面です(自分は持ち駒に銀将を持っていると仮定します)。

詰めろ

詰みとの大きな違いは、「まだ王手がかかっていない」ということです。

でも、相手は次に何もしなければどうなるでしょうか?

自分は銀将(ぎんしょう)を持っているので、次にこうしますよね?

詰めろから詰みへ

この状態は、2二の銀将で相手の王将に「王手」をしています。

しかも、以下の通り、相手の王将はどこに逃げても取られてしまいます。

  • 3一へ逃げると→2二の銀将に取られる
  • 1一へ逃げると→2二の銀将に取られる
  • 3二へ逃げると→2三の銀将に取られる
  • 1二へ逃げると→2三の銀将に取られる

このように、相手の王将は、何もしないと「詰み」の状況へ追い込まれてしまうので、冒頭の局面(下記参照)は、「詰めろ」と呼ばれています。

詰めろ

必至の意味は?詰めろとの違いは?

詰みと詰めろの違いは?

「詰み」は、以下の2つの条件を共に満たす状態のことです。

  • 王手がかかっている
  • どこへ逃げても次に王将を取られてしまう

「詰めろ」は、王手はかかっていないのですが、何もしないと、「次に詰みの状況へ追い込まれる」ことをいいます。

「逃げられる詰めろ」と「逃げられない詰めろ」がある

逃げられる詰めろ

じゃあ、もう少し進んでみましょう。

「詰めろ」の局面では、放置せずに逃げれば、「詰みへ追い込まれない」状況を作れる場合があります。

詰めろ回避

このように3一へ王将を逃せば、「詰み」にならなくなります。

つまり、相手の王将は逃げ切れるのです。

逃げられる詰めろ

「右端の局面のように、銀将を打たれたら負けでは?」と思ってしまいますが、水色のマスには銀将は動けません。

つまり相手の王将は、「詰めろ」をかけられた時に、3一のマスへ逃げておけば、仮に3二へ銀将を打たれても、水色のマスへ逃げられるのです。

このように、「詰めろ」の中には、「逃げられる詰めろ」があります。

「逃げられない詰めろ」が「必至」

この詰めろを考えてみましょう(持ち駒は金将1枚)。

必至

上で解説した「詰めろ」と同じように、まだ王手はかかっていません。

でも「次に詰みの状態へ追い込まれる状態」です。

例えば、1二へ銀将を動かしたり、持ち駒の金将を1二へ打つ手です。

それはまずいので、相手は防御を図りますが、どんな手を打っても、持ち駒の金将を使えば、「詰み」の状況へ追い込むことができます。

  • 2一へ王将を逃がしたら→2二へ持ち駒の金将を打つ
  • 2一へ駒を打ったら→1二へ持ち駒の金将を打つ

つまり上の局面は、「どこへ逃げても・どこへ持ち駒を打っても、詰めろを解消できない(逃げられない)」詰めろです。

これを「必至」といいます。

なので相手が勝ちたければ、自分よりも先に自分の王将を「詰み」へ追い込むしかありません。

「詰み」「詰めろ」「必死」の違いをおさらい

「詰み」は、「王手」がかかっていて、どこへ逃げても王将が取られる状態のことを言います。

「詰めろ」は、「今は王手がかかっていない」けれど、何もしないと「次に詰みの形へ追い込まれる」状態のことを言います。

そして「必死」は、「詰めろ」のうち、「どう凌いでも、次に詰みの形へ追い込まれる」状態のことを言います。

将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。