中七海初段の奨励会の速報は? 気になる将棋・棋譜の情報と注目の結果のまとめ!

Pocket

18年4月に初段へ昇段した5人目の女性になった、中七海さん。注目の奨励会の速報が気になるところです。そこで今日は奨励会の速報と、中七海初段の気になる情報をまとめました(最新更新18年12月2日対局)

中七海初段

現在19歳です。

18年4月第1回目の奨励会で、初段へ昇段されました。

女性奨励会員の初段は、今まで4名誕生していますが、偶然にもみなさん19歳で昇段されています。

四段の年齢制限が26歳なので7年もあるのに、まだ女性プロ棋士(四段)が誕生していないということは、三段リーグを卒業することの大変さが浮かび上がります。

7連勝で昇段にリーチをかけていた中七海1級が18年4月1日の関西奨励会で勝利し、日本将棋連盟の女性奨励会員で4人目(里見香奈元三段・西山朋佳三段・加藤桃子初段)の初段昇段を果たしましたが、女流棋士ではありません。今回は奨励会の速報と、中七海さんの女性棋士・三段リーグ所属の可能性にフォーカスしました(最新更新19年5月22日)。

奨励会の速報・結果は?

速報の前に昇段要件をおさらい

中七海さんは現在初段なので、次は二段へ昇段する必要があります。

二段の昇段要件は、以下の通りです。

8連勝、12勝4敗、14勝5敗、16勝6敗、18勝7敗

出典:日本将棋連盟

18年4月21日の結果

18年4月21日の関西奨励会で、2局を消化されました。

結果は、めでたく2連勝!

昇段後は黒星からスタートしましたが、早速2連勝を飾りました。

初段としての対局はまだ始まったばかりですが、せっかくの2連勝を活かす意味でも、ぜひ6連勝して、一気に二段まで駆け上がってほしいと思います。

18年5月3日の結果

以下の関連記事で紹介しています。

18年4月に初段へ昇段した中七海さんの奨励会の対局が、19年2月6日に行われました。気になる結果速報に加えて、今後はどうなるのかをまとめました(最新更新:2月15日)。

18年5月19日の結果

詳細は、以下の関連記事でまとめています。

18年4月に初段への昇段を果たした中七海さん。昇段後も勝ち越しのペースで進んでいるので、勝敗のゆくえや結果が気になります。今回は18年5月19日に行われた奨励会の結果と、成績・日程を速報します。

18年6月9日の結果

直近の成績

18年5月19日の対局の結果、通算の成績は4勝2敗(1連勝中)になっています。

対局結果

1勝1敗でした。

初戦は勝ったのですが2局目で負けてしまったので、通算成績は5勝3敗(0連勝中)になりました。

昇段規定で一番近いのは12勝4敗ですが、そのためには7勝1敗で駆け抜ける必要があります。

当面は、まとまった連勝が欲しいところです。

18年8月3日の結果

初段に上がってから初めての壁に当たり、6月末から7月上旬にかけて4連敗してしまいました。

ファンとしては心配してしまいますが、そこからの逆襲が凄いですね。

なんとそこから4連勝してしまったのです!

一番近い昇段規定は「4連勝」。

簡単ではないでしょうが、チャンスをしっかり活かしてほしいですね!

18年8月17日の結果

ここまで4連勝で来ていたので、二段昇段の「8連勝」にどれだけ近づけるかが注目されていました。

結果は、1勝1敗(0連勝)で、連勝が止まってしまいました。

少し痛いのですが、二段への昇段を直近で叶えるには最短で7勝3敗が必要です。

約3ヶ月で到達できるので、引き続き応援していきましょう!

18年9月8日の速報

ファン的には連勝を期待したいところでしたが、結果は1勝1敗の1連勝でした。

直近の成績は悪くないので、そろそろドカンと4連勝くらいやってほしいですね。

18年9月22日の速報

○×の1勝1敗でした。

このところ3回連続で1勝1敗なのでなかなか昇段の目が出てきませんが、負け越しているわけではないので、ここが耐えどきです。

奨励会の最新情報は?

以下の記事で随時更新しています。

7連勝で昇段にリーチをかけていた中七海1級が18年4月1日の関西奨励会で勝利し、日本将棋連盟の女性奨励会員で4人目(里見香奈元三段・西山朋佳三段・加藤桃子初段)の初段昇段を果たしましたが、女流棋士ではありません。今回は奨励会の速報と、中七海さんの女性棋士・三段リーグ所属の可能性にフォーカスしました(最新更新19年5月22日)。

気になる情報のまとめ

いつ奨励会へ入会したの?

2011年9月に奨励会へ入会されました。

今の年齢から逆算して、小学6年生〜中学1年生で入会されたものと思われます。

どこの奨励会に所属?

ご出身が兵庫県ということもあって、関西奨励会に所属されています。

年齢制限まで残された時間は?

初段以上の奨励会員の年齢制限は、「26歳の誕生日が属する三段リーグの終了」までに四段にならないといけません。

残された時間約7年のうちに、初段→二段→三段→四段という3つの階段を上がらないといけません。

師匠は誰?

先日、藤井聡太六段の連勝を止めて話題になった井上慶太九段で、A級在籍経験もあります。

門下には、将棋プロが3名いらっしゃいます。

  • 稲葉陽八段(名人戦挑戦1回、A級所属)
  • 菅井竜也王位(タイトルホルダー)
  • 船江恒平六段(加古川青流戦優勝)

また、中七海初段よりも上位&同じ初段の奨励会員も4名いらっしゃいます。

  • 二段:3名
  • 初段:1名

名伯楽という言葉がふさわしいでしょう。

どんな将棋を指すの?

女流のタイトル戦に出場されていないので、中七海さんが指された将棋で公開されているのは、ごくわずかです。

日本将棋連盟のウェブサイトを見る限り3局公開されていますが、中七海初段が採用された戦法は以下の通りです。

  • 相振り飛車(2級時代)
  • 相矢倉(1級時代)
  • 四間飛車(1級時代)

速断は禁物ですが、3局の内容から推察すると、居飛車・振り飛車共に指しこなされるオールラウンドプレーヤーと思われます。

女流のタイトル戦には出てるの?

公開されている情報を見る限り、女流のタイトル戦には出場されていません。

女性初の将棋プロ棋士になれる可能性は?

可能性はあります。

18年4月現在で、初段以上の女性奨励会員は中七海さんを含めると以下の3名です。

氏名 年齢制限 近況
西山朋佳三段 2021年9月 4月から三段リーグが開幕
加藤桃子初段 2021年3月 関東奨励会に在籍
中七海初段 2025年? 18年4月に初段へ昇段

中七海さんは、生年月日が公開されていないので、「?」としています。

初段以上の方には「26歳」という、年齢制限の壁が立ちふさがっています。

3人ともまだ時間はありますが、いかんせん三段リーグが1年に2回しか開催されません。

中七海さん・加藤桃子さん的には、一刻も早い三段への昇段が望まれます。

里見香奈・西山朋佳(奨励会三段,三段リーグに所属)の活躍で、にわかに注目を集めている女性将棋プロですが、「現在で一番強い・最強は誰なのか?」気になるところです。活躍した年代が違う方と比較は難しいのは承知で、女流タイトル戦(女流棋士)・奨励会員最高位の実績の2つの視点で比較してみました。人数もまとめています。

女性でただ一人現役の「奨励会三段」である西山朋佳さんですが、強さはどれくらいなのでしょうか?将棋プロの世界は「結果」が全てなので、プロ公式戦・奨励会や女流タイトル戦の結果をまとめてみました。

奨励会で二段昇段を目指している将棋の加藤桃子初段(かとうももこ)の対局が、19年2月3日に行われました。結果はどうだったのか気になるところです。そこで今回は、奨励会の結果に加えて、いずれも女流棋士ではない、西山朋佳三段・中七海初段との実績比較もしてみました。奨励会退会&女流棋士デビューのニュースも合わせてまとめました。

気になる中七海さんの情報は、【中七海さんの関連記事】でまとめています。

将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。