A級順位戦の最新結果速報!名人戦挑戦者と来期のA級は?【第79期】

Pocket

「A級順位戦って誰が挑戦者になった?」「渡辺明名人との七番勝負はどちらが有利?」気になりますよね。今回は、【第79期】のA級順位戦20年度速報として、名人戦七番勝負の展望と、今期のA級の結果と来期のA級棋士をまとめました。

A級順位戦の最新結果速報!名人戦挑戦者と来期のA級は?【第79期】

挑戦者争い

トップを走っていた斎藤慎太郎八段が、1敗を維持して挑戦者になりました。

2敗で追っていた広瀬章人八段が最終戦で黒星を喫し、豊島将之竜王とともに3敗で今期を終えました。

結果的に星二つの差がつきましたが、豊島竜王をはじめとした強敵をおさえて8勝1敗という成績を残されたのは、素晴らしいという言葉以外見つかりません。

名人戦の舞台では、初防衛戦に臨む渡辺明名人が待っています。

残留争い

残留争いの方はラス前に決まっていましたが、三浦九段と稲葉八段が降級となりました。

来期は藤井聡太王位・棋聖がB級1組へ上がってきますが、A級への復帰を目指します。

羽生善治九段は残留を決めましたが、来期の順位は8位なので、ある程度まとまった勝ち星を序盤で稼ぎたいところです。

名人戦七番勝負の予想

目を引くのは、お二人ともトップ棋士の方に対して残している成績の高さです。

タイトルホルダーとの対戦では、数・成績共に渡辺明名人に分がありますが、A級棋士との対戦では斎藤慎太郎八段の成績は出色です。

ほんの少し渡辺明名人が有利だけどほぼ互角と見るのが、フェアな見方かなと思います。

将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。