豊島将之二冠のタイトル戦の成績は?3分で読めるまとめ記事その2

Pocket

佐藤天彦名人との将棋名人戦で三冠へ挑む挑戦者の豊島将之二冠は、タイトル戦に7度出場されていますが、成績はどんな感じだったのでしょうか?2回シリーズの2回目は、二冠王への歩みを解説します。







豊島将之二冠のタイトル戦成績まとめその2

第89期王将戦(2018年)

5度目のタイトル戦の相手も、10連覇中の羽生善治棋聖でした。

第89期棋聖戦

初戦を取った豊島八段は、一進一退の五番勝負が続きましたが、最終局を制してついに初タイトルを獲得しました。

奇しくも初タイトルが、師匠の桐山清澄九段と同じ「棋聖」だったのは、不思議な縁としか言いようがありません。

第59期王位戦(2018年)

初タイトルの棋聖獲得から間髪おかずに、夏のタイトル戦である王位戦でも挑戦者に名乗りをあげます。

タイトルホルダーは、前年の七番勝負で羽生善治王位を6連覇でストップさせた菅井竜也王位でした。

第59期王位戦

七番勝負は、初戦を落とした後も白星と黒星が交互に並ぶ展開が続きましたが、第7局を制したことで、4勝3敗でタイトル奪取の決着となりました。

つい半年前までの「無冠の帝王」状態からは、隔世の感がある「二冠」の獲得です。

【関連記事】

無冠の帝王は誰?将棋が強いのにタイトル取れない将棋プロ棋士は誰?

第77期名人戦(2019年)

前年度にもトップを走りながら、後半にまさかの大失速で挑戦者を逃したA級順位戦。

2018年度もトップを快走し、今度は失速することなく最後は羽生善治九段を抑えて挑戦者に名乗り出ました。

将棋名人戦の舞台で待ち受けるのは、3連覇中の佐藤天彦名人。

奨励会在籍がほぼ同じタイミングだったこともあり、口にはしないもののお互いに意識し合う関係だったでしょう。

七番勝負は、19年4月17日の時点で第1局が終わったのみですが、初戦を勝利し、第2局以降に初の名人&三冠王を目指します。

第77期将棋名人戦

【関連記事】

豊島将之二冠のタイトル戦成績まとめその1







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。