藤井聡太の最新対局速報と勝敗・結果は?挑戦者決定トーナメント進出・渡辺明棋王とのタイトル戦は?

Pocket

藤井聡太七段が、挑戦者になる可能性を残しているのは何か?順位戦で負けてしまい昇級は少し遠のきましたが、挑戦者決定トーナメント進出しているタイトル戦の最新対局速報と勝敗・結果をお伝えするとともに、渡辺明棋王とのタイトル戦なるかを予想します。







藤井聡太の最新対局速報や勝敗と結果

名人戦順位戦

藤井聡太七段は上から4つ目のリーグ「C級1組」へ所属していて、一番上のリーグA級へ入るためにまずは1つずつリーグを昇級していく必要があります。

これまで全勝でトップを走っていたのですが、2019年2月5日の対局で負けてしまい、連勝がストップしました。

負けた相手が同じく昇級を争う棋士だったので、たった1つの黒星で、2番手から4番手へ下がってしまいました。

B級2組への昇級を目指すには「上位2名」には入らないといけないので、少なくとも上位2名が負けたうえで最終局を藤井聡太七段が勝利するという、「他力」の状態になりました。

注目の最終局は、3月5日に行われます。




竜王戦

広瀬章人竜王の誕生で幕を下ろした竜王戦ですが、新しい年度のトーナメントが始まっています。

現在4組に所属している藤井聡太七段は、トーナメント2回戦へ進出しています。

決勝トーナメントへ進出するには4組で優勝が求められるので、4連勝する必要があります。

藤井聡太竜王戦

出典:日本将棋連盟

叡王戦

本戦トーナメントが決勝まで進んでいます。藤井聡太七段は1回戦で斎藤慎太郎王座に負けてしまいました。




棋聖戦

予選進行中ですが、まだ藤井聡太七段の対局は始まっていません。

王位戦

予選で負けてしまいました。

王座戦

二次予選が進行中ですが、本戦シードなのでまだ対局は始まっていません。

棋王戦

五番勝負の裏で、翌年の予選が始まっています。

藤井聡太七段は3回戦まで進出していて、2連勝で決勝トーナメント進出が実現します。

決勝トーナメント進出が近いタイトル戦といえるでしょう。

藤井聡太棋王戦出典:日本将棋連盟




王将戦

七番勝負が進んでいますが、翌年度の予選もスタートしています。

藤井聡太七段はまだ登場していません。

タイトル戦挑戦はいつ?

可能性を残しているのは、竜王戦・棋王戦・王将戦です。

棋王戦と王将戦は、挑戦が決まるのは1年近く先の話なので、当面は「竜王戦」「棋王戦」へ注目することになります。

竜王戦は夏くらいに挑戦者が決まって、タイトル戦が決着するのは年末前くらいになります。

棋王戦は晩秋に挑戦者が決まって、年明けから五番勝負が始まります。




藤井聡太の記事は?

藤井聡太七段が竜王戦の決勝トーナメント進出を決めた対局の記事は、以下でまとめています。

18年6月5日に、竜王戦ランキング5組決勝が行われました。注目の藤井聡太七段の対局結果はどうなったのか? タイトル竜王戦の挑戦者になれるでしょうか?対局結果の速報と今後の予定をまとめました。

また、藤井聡太に関する記事の一覧は、【藤井聡太の関連記事】で見ることができます。

棋王戦の挑戦者決定までの流れとトーナメントの仕組み

挑戦者決定トーナメントまで

予選を行い、挑戦者決定トーナメントへ進出8名を選びます。

藤井聡太七段は、棋王戦予選の決勝まで勝ち進んでいて、次の対局に勝つと「挑戦者決定トーナメント」へ進出します。

挑戦者決定トーナメント

予選を勝ち抜いてきた8名と、シード将棋プロ棋士を交えてトーナメントを行なって、挑戦者を決めます。

ここまでは他のタイトル戦と変わらないのですが、棋王戦の大きな特徴の一つに、「準決勝以上は、2敗敗退システム」が採用されていることです。

つまり、トーナメントの準決勝で負けてしまっても、敗者復活戦を勝ち抜き、決勝で2連勝すれば、挑戦者になる道が残されているのです。




棋王戦と渡辺明

主な連覇記録

棋王戦も、王座戦と並んで比較的新しいタイトル戦です。

2018年度のタイトル戦が44年目になります。

将棋タイトルは、凄そうなイメージはありますが、具体的にはイメージが掴みにくい印象があります。今回は、タイトルの種類の一覧から、賞金・格序列・日程スケジュール・ 歴代将棋タイトル獲得数ランキングをまとめました。

主な連覇記録を紐解くと、二人の将棋プロ棋士の名前が目につきます。

一人目は、羽生善治棋王です。

近年は五番勝負から遠ざかっていますが、1990年から2001年にかけて12連覇を達成しています。

将棋の世界には、いろんな凄い人がいましたし、今もいます。凄さを測る指標に「連覇」がありますが、連覇の記録はゴロゴロ転がっています。今日は、将棋の連覇の凄さをランキングにして、誰がどのくらいの記録を作ったのか、まとめました。

二人目は、渡辺明棋王です。

詳しくは以下で紹介します。

渡辺明

渡辺明さんというと、竜王戦の9連覇がまず思い浮かびますが、竜王戦以外にも連覇しているタイトル戦があります。

それが棋王戦で、現在6連覇を継続中です。

2017年度は、渡辺明棋王のキャリアで一番厳しい年度でしたが、そんな中でも3勝2敗のフルセットで防衛&6連覇を達成したあたりは、羽生善治竜王に次ぐ勝負強さを感じさせます。

将棋タイトル戦の棋王戦五番勝負の第5局が、2018年3月30日に行われました。2勝2敗で迎えた最終局、A級降級など不調が続く渡辺明の6連覇はどうなったのか? 今日は棋王戦の結果を速報します。







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。