藤井聡太の得意な戦法と苦手な戦型の勝率をまとめた【2018年度版】

Pocket

あらゆる居飛車戦法で高い勝率を残している藤井聡太七段。どんな戦法が得意で、苦手な戦型は何かを、2018年度の勝率をもとにまとめました。








藤井聡太七段の得意な戦法と苦手な戦型【2018年度版】

どの戦法も満遍なく指している

現在の花形戦法である角換わりを主体としつつも、他の居飛車戦法も満遍なく採用し、高い勝率を残されています。

他の棋士に比べて顕著な傾向として出ているのが、「極端に苦手にしている(=勝率が低い)戦法がない」ということです。

そのため、対戦相手としては、非常に対策が立てにくいという特徴があります。

得意な戦法

勝率が特に高い戦法は、以下の通りです。

  • 対四間飛車の居飛車 (.929)
  • 矢倉 (.900)
  • 対三間飛車の居飛車 (.875)
  • 角換わり (.861)

対振り飛車で非常に高い成績を残されているので、振り飛車党としては手強いことこの上ありません。

また、角換わりや矢倉も通算勝率を超えているので、強力な武器として機能していることがわかります。

苦手な戦型

苦手といっても勝率が高いので、厳密な意味で苦手とはいえません。

ただ、藤井聡太七段の通算勝率に比べると勝率が低いのは、以下の2つの戦法です。

  • 横歩取り (.500)
  • 相掛かり (.764)

横歩取りは6局対局して3勝なので、藤井聡太七段の通算勝率と比べると極端に目立ってしまいます。

17局指して13勝をあげているので、十分すごい成績ですが、通算勝率が八割を超える藤井聡太七段としては、目につきます。

まぁ、苦手にしているわけではないでしょうから、今後改善されていくのだろうと思います。

【関連記事】

藤井聡太と豊島将之名人の後手番の戦法と勝率を比較【2018年度版】







将棋界に関するあらゆる情報を発信していきます。

src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。